検索
  • 辰己

特定技能備忘録6

特定技能の労務


特定技能をするにあたって、労務関係の整備は必須です。

四半期報告書でも労働関係の違反がなかったかチェックの上、

出入国管理局へ報告する必要があります。



入国管理局から問い合わせが多いのは賃金の計算方法。

また、賃金台帳に総労働時間や残業時間の記載がない場合、

別途タイムカード等を求められることがあります。



また、安全衛生関係(技能講習、特別教育、特殊健康診断等)も注意が必要で、

日本人と同様に実施しないといけません。

特に技能講習については講習の実施機関によって対応がまちまちなので、

事前に調べておく必要があります。



就労者については、賃金が契約書通りに支払われておらず、

何かしらの原因で少なくなったときはトラブルになりがちです。



給与は契約書通りに支払いましょう。



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

特定技能備忘録7

労働関係法令違反について 特定技能就労者を雇用している企業様にはだいたい技能実習生も所属していると思うのですが、 この企業様で労働法関連で書類送検された場合、OTIT(実習機構)の審査がストップとなります。 さらに起訴され罰金刑等が確定した場合は、実習計画の認定が取り消される流れとなり、所属する実習生が移籍しなければなりません。 また、上記の場合で実習計画の認定が取り消されたときは、特定技能所属機

特定技能備忘録5

四半期報告書で見落としがちなポイント 特定技能就労者を雇用する事業主(と支援する登録支援機関)は四半期ごとに報告書を入国管理局に提出しなければなりません。 そこで間違いやすい点は「提出先」 企業の本社を管轄する入国管理局に提出するのですが、 関西なら「大阪」のみではなく、兵庫県なら神戸支局に提出するなど、支局があるならそちらに提出を行います。 忘れやすいのは「給与が現金払いの場合」 参考様式5-7

特定技能備忘録4

退職して帰国する場合 コロナに絡んで世界各国に対する上陸拒否の措置が実施されている影響で、 新しい実習生が入ってこない・・・ なので今いる実習生を特定技能に在留資格変更し、継続雇用する企業様が増えいています。 とはいえ特定技能2号に移行できる分野ならまだしも、 家族滞在ができない1号で技能実習→特定技能に移った就労者が5年まるまる滞在したいかと言われたら、そんなことはないようです。 雇用契約が終了