検索
  • 辰己

特定技能備忘録2

建設業の特定技能手続き


見るだけで頭が痛くなるような国交省のサイト。

さらにJACやFITSといった団体もかかわってきてややこしい建設業特定技能。


とりあえず手続きの柱としてこれだけは抑える必要があります。


①建設キャリアアップに登録する

②専門工事の連合会をJACで調べて参加の地域団体に入る

③国交省に受入れ計画認定をもらう

④ベトナムは大使館の推薦状を得る

⑤入管申請


なお、受入れ就労者1人当たり専門工事の連合会を通じてJACに月2万円~1万2500円を受入れ負担金として支払う必要があります(ちょっと高くないですか・・・?)。



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

特定技能備忘録7

労働関係法令違反について 特定技能就労者を雇用している企業様にはだいたい技能実習生も所属していると思うのですが、 この企業様で労働法関連で書類送検された場合、OTIT(実習機構)の審査がストップとなります。 さらに起訴され罰金刑等が確定した場合は、実習計画の認定が取り消される流れとなり、所属する実習生が移籍しなければなりません。 また、上記の場合で実習計画の認定が取り消されたときは、特定技能所属機

特定技能備忘録6

特定技能の労務 特定技能をするにあたって、労務関係の整備は必須です。 四半期報告書でも労働関係の違反がなかったかチェックの上、 出入国管理局へ報告する必要があります。 入国管理局から問い合わせが多いのは賃金の計算方法。 また、賃金台帳に総労働時間や残業時間の記載がない場合、 別途タイムカード等を求められることがあります。 また、安全衛生関係(技能講習、特別教育、特殊健康診断等)も注意が必要で、 日

特定技能備忘録5

四半期報告書で見落としがちなポイント 特定技能就労者を雇用する事業主(と支援する登録支援機関)は四半期ごとに報告書を入国管理局に提出しなければなりません。 そこで間違いやすい点は「提出先」 企業の本社を管轄する入国管理局に提出するのですが、 関西なら「大阪」のみではなく、兵庫県なら神戸支局に提出するなど、支局があるならそちらに提出を行います。 忘れやすいのは「給与が現金払いの場合」 参考様式5-7